TOP >  観光スポット >   >  中井手古戦場・又打川古戦場

中井手古戦場・又打川古戦場施設情報

永正12(1515)年10月22日、有田合戦は有田城趾の麓冠川を挟んだ一帯で行われた。
「有田中井手の戦い」とも云われ、戦国大名となる毛利元就初陣の地であり
「西の桶狭間」とも例えられる激しい合戦が行われたところである。
有田城奪回を目指す武田元繁と毛利・吉川勢による戦いを境に毛利家は興隆し、武田家は衰退することとな った。
武田元繁戦死の地・己斐豊後の守宗端の碑・熊谷小輔元直戦死の地の石碑が、冠川・ 又打川沿いに点在する。

アクセスマップ

スポット情報

住所 広島県山県郡北広島町有田地区内
電話番号 TEL:050-5812-1864(北広島町教育委員会)・050-5812-6908(北広島町観光協会)
営業時間 ご自由にご覧いただけます